スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.11.03 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    大阪・・・

    0
      先週の12日〜13日、大阪で開催されたWEBサイトを充実させるセミナーに参加してきた。
      訳わからんといかんので、M尾くんに付き合ってもらった。
      中々良いセミナーで今後のサイト作りが楽しみになってくる。

      が、その2日後のYAHOO NEWSでセミナーを開催した会社が民事再生法を申請だと。
      ちょっとビックリ!

      大阪の夜は、マスピのマスターに聞いていた“MARVIN”という老舗のSOUL BARへ。
      かなり怪しいビルの2階で、探すのに若干難儀したが無事到着。
      時間が早いせいか、他にお客さんもなくi筒監督似のガンコそうなマスターとも
      随分ゆっくり話ができ、楽しい時間となった。
      なぜかチャンポンの話で盛り上がった。
      大阪に行く機会があれば是非また立ち寄りたい。

      そこで、教えてもらったBLUES BAR“CHICAGO ROCK”へタクシーで移動。
      地図をもらったので、タクシーの運ちゃんに見せて近くまで連れて行ってもらったが、
      運ちゃんのかなりの手抜きで中々辿り着けず・・・

      大阪天満宮の近くなのだが、住宅街であたりはかなりの静けさ。
      しばらく迷っていたら、ご近所さんらしき人が散歩してたので
      場所をきいて、ようやく到着。
      今、NHKの朝ドラ“ちりとてちん”は、ここら辺りが舞台ではないだろうか?

      この“CHICAGO ROCK”では、結構ライブもやっているようで、
      13日土曜日はゲストで“からくりTV”で取り上げられている“りゅうのすけ君”が来るらしいのだが
      残念ながらその時間は長崎に着いている。

      楽しい大阪の夜であった。



      父の日ギフト

      0
        仕事ネタが続いていますが、ご勘弁を・・・

        父の日は皆さんどうされていますか?

        父の日は、『父に感謝を表す日として、6月の第3日曜日と定められております。
        1910年にアメリカ・ワシントン州のソナラ・ドッド(ジョン・ブルース・ドッド)夫人が、母親の亡き後、ソナラと5人の兄を男手1つで育ててくれた父を敬愛して、父の誕生月6月に自分が通う教会の牧師に頼み、父の日礼拝をしてもらったことがきっかけと言われております。
        それが、1910年6月19日で、第3日曜日だったようであります。
        当時すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まったそうです。
        ドット夫人が幼い頃南北戦争が勃発。父、スマートが召集され、ドット夫人を含む子供6人は母親が育てることになりますが、母親は過労が原因でスマートの復員後まもなく亡くなりました。
        以来男手1つで育てられましたが、スマートも子供達が皆成人した後、亡くなりました。
        1916年アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンの時に父の日が認知されるようになりました。
        そして、1972年(昭和47年)になり、アメリカでは国民の祝日に制定されるようになりました。
        日本では1950年代ごろから知られるようになりましたが、母の日に比べると一般的な行事とは言えないようです。
        母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラ。一般的には白いバラとされています。
        ドット夫人が、父の日に父親の墓前に白いバラを供えたからとされております。』

        しかしながら、最近では黄色がシンボルカラーとなっているようです。

        色々と話を聞いても、父の日は母の日より贈り物など随分と少ないようです。

        そんなちょっと寂しいお父さんにこの際、プレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか?
        手渡したり、感謝の気持ちを言葉で伝えるのは照れくさいものです。
        そんな方は、プレゼントと一緒にメッセージも贈れます。

        もちろんメッセージのみでもOKです。

        日頃の感謝の気持ちをお父さんに伝えてみませんか?
        きっと、恥ずかしがり屋のお父さんは、
        陰でメチャメチャ喜んでいるはずです。

        忙しくて、中々買い物にも行けない方も是非どうぞ!

        プレゼント&メッセージはコチラから
        →http://www.web-denpo.com

        笑っていいとも!デビュー!?

        0
          笑っていいともへ注文があった電報が、

          なんと、読まれました!

          タモリが、「なんか、変わった電報ですね・・・」
          とボソボソと言ってくれた。

          先日まで私の手元にあった電報が、昨日はアルタスタジオで
          タモリの手の中に・・・

          なんだか不思議な感じです。

          これからもWEB電報.comをヨロシクお願いします。

          ついに・・・ メジャーデビュー?

          0
            注文が来ました。

            TVで電報が読み上げられる番組といえば、
            誰もが知ってる長寿番組

            『笑っていいとも』

            お花とダブルでのご注文でした。

            番組で読み上げられるかどうかはわかりませんが、
            明日が楽しみです。

            最近、少しづつではありますが、著名人・有名企業様からの注文も増えてきております。

            電報・お花のご用命は【WEB電報.com】まで
            ヨロシクお願いします。

            http://wwww.web-denpo.com


            久しぶりの下っ端

            0
              昨日は、某銀行の若手経営者の集いみたいなものに参加してきた。

              頭取の講話に始まり、懇親会へ。

              総勢140〜150名の参加だったようだ。
              JCの先輩方がかなりいらっしゃる。
              司会をK添先輩がやっておられた。

              乾杯とともにすぐそばのご無沙汰している先輩に挨拶。
              とにかくまだ、直接挨拶していない先輩を見つけては挨拶&名刺交換。

              たまには、先輩がお話されている見知らぬ方とも名刺交換&PR。

              どっさりと名刺が貯まる。
              その間、口にしたものは何杯かのビールとパン切れ一片。
              昔はあまりこういう場は好きではなかったが、最近は楽しいと思える。
              今だけか?

              そのあとは、I手上、N川、F本、T本、M田、Yなぎ、Y形という先輩方7人と軽く食事へ。
              久しぶりに、先輩方にお酒を作らせていただいた。

              気がつくと2時前。

              経営セミナー

              0
                昨日は、担当していただいている税理士事務所の経営セミナーが行われたので、行ってきました。
                普通この手のセミナーって眠くなるのですが、結構面白かったので
                ざっと内容を自分のまとめとして書いてみます。(似合わんなぁ・・・)

                第1章 自己革新とは何か?
                1)自己革新の定義
                 『過去の成功体験を捨て、未来に軸を置いて時代のニーズに応えることができる新しい自己を見出すこと』
                過去の成功体験→環境利益
                時代のニーズに応える→創造利益

                2)企業にとって恐ろしいこと
                問題は内にあって、外には無いことに気付けるかどうか。

                3)格差は何故おきているか?
                現状の格差とは、志の格差である。

                あるべき姿(経営理念)− 現状 = 課題→問題意識を持つこと=自己革新
                ・まずは明確な経営理念を持つこと(自社のあるべき姿、存在理由)
                ・生産性が高い→付加価値の高い事業領域を持つ(オンリーワン)
                ・顧客第一主義より社員満足度を優先(人材教育)
                 →いい仕事→自己(社員)成長→仕事の報酬はより良い仕事→生産性の向上
                 →顧客満足度が高くなる

                第2章 何故、自己革新が必要なのか?
                1)既存市場に未来の成長曲線が描けるのか?
                挑戦期→成長期→成熟期→衰退期の市場のライフサイクルを見極める。
                ・自社で値決めができない状態が成熟市場→価格の叩き合い

                2)パラダイムシフト
                ・飽和状態の業界に革新を起こすことができるか。
                ・自己差別化→理想の自分と好まざる自分の同居
                経営とは、自分自身との闘い
                →経営とは、誰の真似もせず、ただ自らの想いを形にしていく作業である。

                第3章 いかに自己革新を断行するか?
                1)会計の質を高め、透明性を良くする
                ・単に対外的信用問題だけでなく、内部において健全な危機意識が形成されない。

                2)リスク計算
                昔のすぐれた経営者=リスク回避がいかにうまいか
                これからの経営者=リスクをチャンスと思えるか。

                第4章 経営計画は何故必要か?
                1)経営は未来からの逆算
                ・過去の積み重ねの現在なのか、未来から逆算した現在なのか?

                経営計画=コースマネジメント

                原因・結果の法則→原因が同じなら同じ結果が必ず引き起こされるか?
                (例)同じ会社で、経営者がかわっても同じ結果しか起きないか。
                  答えはNOである。
                  ということは、結果を引き起こしたのは原因ではなく、
                  原因となりうるものの条件付けが違う結果を引き起こすのである。

                2)仮説思考
                自らの意思決定の質を高める。
                仮説〜実践〜検証を繰り返し、仮説を真説へ。
                →自信につながる(ショットの安定)

                意思決定のスピードと質を高める
                →経営とは意思決定の必然性を高める闘いである。

                これらをゴルフに例えるととても分かりやすいと思った。
                皆さんも自分の得意なスポーツや何かに置き換えてみると
                わかりいいのではないでしょうか?





                世間は仕事始め

                0
                  ようやく世間が動き出した。
                  今年の株式取引の開始を告げる大発会が4日午前、東京証券取引所で開かれた。
                  日経平均の終値は、127円84銭高の1万7353円67銭。
                  大発会の株価上昇は日経平均、TOPIXとも6年連続となったそうだ。

                  また、宮崎では県知事選挙が始まった。
                  正月早々に大変だなぁと思う。
                  Sのまんま東は果たしてどういう結果になるのだろうか?
                  そういう意味においては少々興味深い。

                  1月1日から始動した『WEB電報.com』http://www.web-denpo.comだが、
                  現在、会員登録を9件いただきました。
                  ご登録ありがとうございます。

                  これからが勝負。

                  それと検索エンジン対策。
                  これが、思ったより厄介のようだ。

                  専門の方にお願いすることにした。
                  この件については、追々ご報告させていただきます。

                  WEB電報.comいよいよスタート!

                  0
                    ようやくWEBサイトオープンの目途がつきました。

                    オープンは

                    2007年1月1日午前10時〜!



                    http://www.web-denpo.com

                    皆様のお越しを心よりお待ちしております。

                    それでは、よいお年をお迎えください。



                    << | 2/2PAGES |

                    PR

                    calendar

                    S M T W T F S
                       1234
                    567891011
                    12131415161718
                    19202122232425
                    262728293031 
                    << March 2017 >>

                    カウンター

                    ブログパーツUL5

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM